ナカノ歯科クリニック

一般・小児など歯科のことなら津市観音寺町のナカノ歯科クリニック

診療内容

HOME»  歯周病

歯周病

歯周病について

歯周病ってどんな病気?

歯周病は昔は歯槽膿漏と呼ばれていました。今でもこれを別の病気と思っておられる方がいるようですが、同じことです。

歯周病は歯周病菌が引き起こす病気です。元来健康な状態では 歯の根の周りにはしっかりした骨(歯槽骨)があり歯を支えていますが、歯周病になると歯周病菌が根の周りの骨を溶かしてしまいます。

ひどくなると歯はグラグラになってしまい十分咀嚼することができなくなります。しかも無自覚に進行してしまうことがほとんどで、日本人の8割が歯周病にり患しているといわれています。

「自分は大丈夫!」自信過剰は大敵です!
 

 

歯周病ってどんな病気?

 

どうして歯周病になるの?

どうして歯周病になるの?

 

歯周病の原因は、お口の中に存在する歯周病菌です。
歯周病菌は誰のお口の中にも存在します。どんなきれいなお口でもです。
それが病原性を発揮するのは、細菌が多くなったときです。
特に歯茎の周りで菌が増えると歯周病が進行します。歯周病はただ単に歯茎が腫れる病気ではありません。
怖いのは歯を支える骨をどんどん溶かしてしまうことで、いったん骨が溶けてしまうと、自然にはもとに戻りません。
骨が溶けると歯を支えきれなくなりぐらぐらになってしまいます。
こういうことが無自覚に進行するのです。
また腫れた歯茎の中で増えた細菌は全身にも影響を与えます。
昨今は歯周病菌の病原性が重要視されるようになりました。
バイオフィルムという細菌のコロニーで増えた歯周病菌が血中に入ると
ちょっとした傷を見つけてそこで新たなバイオフィルムを形成します。
それが心内膜炎、糖尿病、高血圧、動脈硬化、骨粗しょう症、関節リュウマチなどの原因になっているというのです。


歯周病の予防はとにかく歯周病菌を増やさないこと。
でもそのために上手に歯磨きをすることは非常に難しく、なかなか自己管理は大変です。
自己流でうまく歯磨きのできる人はほとんどいません。
歯科衛生士の適切な指導が必須です。
定期的に歯磨きを指導を受け、歯周病菌が増えないうちに専門家に歯の掃除をしてもらうこと、これが一番確実な予防方法です。
こういった自己管理をすることで確実に予防が可能なのです。

当院では歯茎の検査のあと、歯の表面の掃除(バイオフィルムという細菌の被膜を除去するため)、
歯磨き指導、歯石がついている場合は歯石除去をしています。人によって異なりますが30分以上の時間をかけ丁寧に行います。
他にも分からないことがあればお気軽にご相談下さいませ。

 

歯周病の症状と治療

1.初期の歯周病

・症状  全くと言っていいほどありません。
・治療  歯磨き指導 歯の表面の掃除 歯石除去

歯周病は感染症ですから、やはり治療や予防には「細菌をふやさないこと」。
すなわちきれいにブラッシングすることが最も大切なので、歯磨き指導は必ず行います。
歯磨きができないと歯周病を予防し治すことは困難です。

また歯周病菌は歯の表面に取れにくいぬるぬるの被膜をつくり、自分が住みやすい環境を作ります。
この被膜(バイオフィルム)は、ブラッシングだけではなかなか取れないので専用の薬剤とブラシを使い機械的に取り除きます。(PMTCといいます)
歯周病にも虫歯にも有効な治療です。

なお初期の歯周病では歯石はほとんどが歯茎の上についています。
簡単なそうじで(スケーリングといいます)取れることがほとんどです。
(歯周病が進行していくと深くなった歯周ポケットの中に固い歯石が存在するケースが多くなります。
非常に硬いので除去するのが大変で麻酔をしないと取れないこともあります。)
歯周病の治療においては、「歯石をとる」ことは欠かせないステップです。
 

 

2.中等度の歯周病

・症状  

歯を支える骨(歯槽骨)は3分の1前後吸収してしまっています。
こうなっても症状のないことが多いのですが、注意しているとブラッシング時に出血は認められるはずです。
また風邪をひいたり多忙だったりで、体力が落ちた時は歯茎が腫れるなどの症状が出ることが有ります。
また少なからず口臭もあるはずです。
けれども体力が回復すると症状がなくなってしまうので「治った」と勘違いしがち。
実はこの急性化の時に歯周病はぐっと進んでしまうのです。

・治療  

基本的治療として初期の歯周病と同じようなステップを踏みます。
異なるのは歯槽骨が吸収しているため歯周ポケットが深くなり、歯茎の下に硬い縁下歯石が多くついていることで、
これを除去するのがなかなか大変です。
ほとんどの場合、麻酔が必要ですし、たった4本くらいの歯の周りの掃除に30分以上かかることもよくあります。

より良い結果を得るため 手術することもあります。
 

 

3.重症の歯周病

・症状  歯茎の腫れ 歯の動揺 出血 ひどい口臭 噛みにくい
・治療  多くの場合抜歯を余儀なくされます。
      保存した場合もちょっとした体調不良などで症状が出やすく
      安定した状態を保つのは困難になります。

保存した場合は、毎月来院していただいて歯の掃除を繰り返し行っていきます。
抜歯になった場合は、ブリッジ、入歯、インプラントなどで補修していかねばなりませんが、
歯周病はお口全体に及んでいることが多いので、ブリッジは無理というケースが多くなります。
また骨がないのでインプラントも難しく、その後のメンテナンスも大変になります。
入歯にしても歯周病で抜歯した場合は入歯を支えるべき顎の骨が溶けでしまっているので
状態の良好な入歯を作るのが非常に困難になります。

 

いずれにしてもひどくならないうちにケアしていくことが最も大切です。
自覚症状がなくても検診を受けるようにしてください。
30歳を過ぎると歯をなくす原因の大半は歯周病です。