ナカノ歯科クリニック

一般・小児など歯科のことなら津市観音寺町のナカノ歯科クリニック

診療内容

HOME»  虫歯

虫歯

虫歯について

なぜ虫歯になるの?

 

虫歯とは、虫歯菌が作り出す酸によって歯のカルシウムが溶けだし、歯の中に虫歯菌が入り込んで歯質を破壊した状態を言います。
(虫歯は虫歯菌の感染症なのです!)

その虫歯菌は歯の表面についた食べかすの中で繁殖し酸を作り出し、歯を溶かしてしまいます。
だからご飯を食べたらきちんと歯を磨いて、虫歯菌の大好物の食べかすと虫歯菌をを取り除いてしまう必要があるのです。

また歯は虫歯菌に溶かされるだけでなく、食後はお口の中が酸性になり自然にも溶けています。これを「脱灰(だっかい)」と言います。
 お口の中では常にこの脱灰と再石灰化を繰り返しているのですが、酸性に傾いている時間が短ければ短いほど脱灰は少なくなります。
歯を磨かない、何度もおやつを食べたりするのは歯を溶けやすい状態にしています。

原因がわかれば、対応策も可能です。

1.虫歯菌に感染しない(お母さん、気を付けて下さい)

2.歯を強くする(妊娠中、幼児期など歯が作られる時期にカルシウムの摂取をする)

3.食べたら磨く!

4.規則正しい食生活を!

 

自覚症状がなくてもむし歯はある!!

さて、虫歯になるメカニズムがわかったところで、「私は痛くないから虫歯は大丈夫!」と、思っている方はいませんか?神経の残っている歯はある程度虫歯が大きくなると痛みを感じますが、神経を抜いてしまう治療を受けた歯は どれだけ虫歯が大きくなっても痛みません。極端に言うと、ぼろぼろになっても痛くないのです。「神経を抜いた歯も虫歯になるのですか?」と尋ねられることもありますが、虫歯というのは歯自体の病気ですから神経の有無にかかわらずおこります。

歯科では虫歯を4段階に分けています。虫歯かな?そうじゃないかな?というステージも含めると5段階になります。
 

 

自覚症状がなくてもむし歯はある!!

 

CO
虫歯かどうか断言することもできないくらい、わずかな歯質の変質の段階です。
この段階では何もしません。するとしてもフッ素塗布くらい。徹底したブラッシングで様子をみます。
Oは「observation」すなわち「要観察」という意味です。

C1
一番表層のエナメル質に限局した虫歯です。簡単な治療で済みます。

C2
エナメル質の下の象牙質まで達した虫歯です。痛みのないこともありますが、しみたりすることもあります。
象牙質はある程度厚みをもっているので、どこの深さまで侵されているかによって治療が変わってきますが、
多くは詰め物で済ませることが出来ます。広範囲にわたっているとかぶせる必要も生じてきます。
ここまで虫歯が達すると、特に子供の場合は進行が速いので要注意です。

C3
歯の中心の歯髄(神経)まで虫歯が進行した状態です。痛みも伴いますし、神経を取ってかぶせてしまわなければいけません。

C4
もう歯が崩壊した状態を言います。抜歯しか手がありません。

虫歯は「風邪」のように自然に治ってしまうことはありません。初期の段階であるほど簡単に治すことが出来ますので、
自覚症状のないうちに発見してもらえればいいですね。

 

自覚症状がなくてもむし歯はある!!

 

むし歯の治療法

このようにむし歯は、「CO」以外はほとんどの場合、最終的にはつめものでつめたり、かぶせものをかぶせるという方法になります。
しかし、一言で「つめる・かぶせる」と言っても、さまざま種類があります。


 

つめもの・かぶせもの治療の流れ

つめもの・かぶせもの治療の流れ

 

かぶせもの治療に使用する素材

セラミック

 

セラミック

色が白く、 大変美しく仕上がります。自分の歯の色に合わせて作ることができますので、適切に作ればほとんど自分の歯と見分けがつきません。変色も起こりません。
患者さんにすれば≪白い歯≫というのが一番の魅力かもしれません。
専門家の立場からは、以下のことのほうが大切だと考えています。
① 汚れが付きにくいこと、すなわち二次カリエスと言ってかぶせ物と歯の酒井から虫歯になるリスクが減ること
② 変化の激しいお口の中の環境で化学的に安定した材料であること
③ 硬さがあるのでかみ合わせが狂いにくい

 

 

ゴールド

 

ゴールド

多少目立ちますが、とても 適合がよく、むし歯が再発しにくい素材です。
化学的にも安定しています。

 

銀歯

 

銀歯

健康保険が適用できます。他の素材に比べ、汚れが取れにくいのでむし歯の再発のリスクが増えます。またそれほど安定した材料ではないので、金属アレルギーの危険性が高くなります。

 

 

 

CAD/CAM

保険適用です。歯科ではコンピューターで設計加工されたかぶせ物のことをさします。材料はハイブリッドセラミックスなのでセラミックにプラスチィックが混ぜてあります。プラスチィックの性質を併せ持つので、吸水性があるため変色もしますし、かみ合わせの力によって擦り減ってしまうなど強度的にも万全ではありません。特殊な場合を除いて小臼歯にのみ使用されます。

 

つめもの治療に使用する素材

セラミック

 

セラミック

お皿につかう陶材を歯科用に 加工したもので、色が白く、 大変美しく仕上がります。

 

ゴールド

 

ゴールド

多少目立ちますが、とても 適合がよく、むし歯が再発しにくい素材です。

 

銀歯

 

銀歯

健康保険が適用できます。他の素材に比べ、むし歯の再発や金属アレルギーの危険性が高くなります。

 

 

 

レジン

型をとらないで直接歯につめます。健康保険の適用で治療が可能。大きな虫歯には不向きです。

 

材料による3つの違い

つめものやかぶせ物(冠、クラウン)には、使用する材料により 主に3つの点で違いがあります。

 

違いその1:美しさ

白くて自然な美しさ
小さなつめものでも、大きく口を開けて笑うとやはり見えています。その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれることもほとんどありません。歯の色は人によって異なるのですが、かなり精密に色の違いを合わせることができます。変色することもありません。

 

違いその1:美しさ

 

違いその1:美しさ

 

違いその2:再発リスク

二次むし歯の危険性
つめものや冠は、歯との隙間にプラークがたまりやすく、むし歯が再発することもあります(二次むし歯)。このリスクが最も少ないのがゴールド。適度なやわらかさがあり、隙間もピッタリです。またセラミックやゴールドは汚れのつきにくい素材です。

 

違いその2:再発リスク

 

違いその3:安全性

金属アレルギー
歯科用の金属は少しずつ溶け出して、金属アレルギーの原因になることもあります。オールセラミックなら金属を一切つかっていないので安心です。ゴールドも金属アレルギーになりにくい素材です。

 

違いその2:安全性

 

違いその3:安全性